みずほダンスが最高にキマってる件

「みずほダンス」って知ってる? 全知全能(通常盤) アーティスト: ポルカドットスティングレイ 出版社/メーカー: Universal Music =music= 発売日: 2017/11/08 メディア: CD この商品を含むブログ (1件) を見る

選択肢に善悪も強弱もあるものか

逃げるは恥だが役に立つ 逃げ恥 善悪

自分を愛し、他人を愛する ー「ムーンライト」感想

ムーンライト 映画 感想 ネタバレ 伏線 LGBTQ シャロン 魅力 考察 解説 質問 レビュー

JASRACに権利侵害を申し立てられました

JASRAC 権利侵害 歌詞引用

自分の人生の重要なものについて-「命にふさわしい/amazarashi」

命にふさわしい amazarashi 新曲 考察 レビュー 感想 歌詞 内容 世界観 過去作

何故友人ができないのか?認識の相違による需要供給変化

友達 少ない 理由 なぜ 自己認識 他者 相違 ズレ ハードル 意識 自己評価 知人 勘違い キャラクター 人格破壊 演じる 振舞い方

センスとは知識である

センス 知識量 努力 妬み 天性 定義

自分を持つ

自分 自己認識 ブログ 物書き 在り方 存在 容認

点が線に変わるースポーツにおける上達とは

スポーツ 上達 球技 点 線 バスケットボール

「死ね」がノミネートされる時代

流行語大賞 ノミネート 母親 死ね 保育園落ちた死ね 待機児童 選考委員会 ユーキャン

過熱する報道競争と当事者への配慮

報道は何のためにあるのか 災害復興におけるソーシャル・キャピタルの役割とは何か:地域再建とレジリエンスの構築 作者: D・P・アルドリッチ,石田 祐,藤澤由和 出版社/メーカー: ミネルヴァ書房 発売日: 2015/04/30 メディア: 単行本 この商品を含むブロ…

ブログ、文章、物書き、テーマ

ブログ 文章 物書き テーマ 最果タヒ 日記 アルバムレビュー 駄個性 感想

良書に巡り合うには?

良書 相談 読書 多読 読書について ショウペンハウエル

片想いは自分勝手 -ぼくの恋愛観について

片想いのみが何故肯定され美徳として扱われるのか、いつも不思議に思うのです。 こんな質問をいただきました。 こんにちは。いつもブログ楽しく読ませてもらってます。恋愛についてどう考えてますか?恋愛観を教えてください。 恋愛とは何か―初めて人を愛す…

Ask.fmにて質問を受け付けます

Ask.fmを始めた話。

「意識高い系」が浸透していることについて

トピック「意識高い」について その男、意識高い系。DVD-BOX 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2015/09/16 メディア: DVD この商品を含むブログ (1件) を見る

PrayForParisに関する雑記

ぼくがPrayForParisに思うモヤモヤを形にしたいと思う。 Pray For Paris アーティスト: Cvpellv 出版社/メーカー: Elementary Muzik 発売日: 2013/08/29 メディア: MP3 ダウンロード この商品を含むブログを見る

希望を与えるアイドル-「Blessing」

niconico halyosy Blessing ニコニコラボ キヨ ニコニコ動画

小松菜奈を許さない -映画「バクマン。」

見た人へ贈る、ぼくの映画「バクマン。」に思うことを綴る。

プラメモが泣ける

今クールのアニメ「プラスティック・メモリーズ」がとてもよかった「ので」

オールオアナッシング

その人を好きになったら全部その人のことを知りたいようにぼくに考え以外も発信してほしいと思っている人がいるかもしれないポジティブシンキング。

自転車EDに気をつけて

今週のお題「ゴールデンウィーク2015」 ゴールデンウィークということもあり、どこかしら出掛けたいなあなんて思っていたんだけど遠出することも出来ずただ自堕落な生活を送っていた。

アラバキ.15に参加して感じた雑感

アラバキロックフェス.15に出店関係者として参加したことの思い出雑記。

頭が良いと自負している人がイタい

頭が良い、あるいは或いは文章がうまく書けると自負している人の言葉にはトゲがあってみるのが辛い。

嫌いな人を嫌いたい

嫌いたくても嫌えないことが自分にとって辛くても周囲からは羨望のまなざしで見られることのギャップ。(言いたいことをただ羅列する雑記以下)

手話を覚えたくなるー「聲の形」

漫画の説明というより、ぼくの手話に対する雑記です。

自閉症の認知度が低すぎる問題

トピック「自閉症」について

台湾研修を終えての雑記

台湾に研修旅行に行く機会があって、そこでいろいろと自分の中でのグローバル的な価値観の転換期が訪れた、そんな気がした。

自由な生き方を考える

やりたいことが多すぎる。選択の自由なんて嘘だ。

「ROUGH」の最後にシビれた

「大和圭介、応答せよ」