読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくはブログに向いてない

ぼくってブロガーに向いてないと思う話。

 

 

僕に恋愛は向いてない (花音コミックス)

僕に恋愛は向いてない (花音コミックス)

 

 

話が脱線してしまう

自分の考えとかを誰かに共有したくて、そんでもってそれに共感してくれる人が一人でも多く見つかればいいなあ、っていうエゴサーチみたいな使い方をしたくてブログを更新してるんだけど、ぼくってブログに向いてないと常日頃から思うんだよね。

何が向いてないって話を掘り下げている内にどんどん違う方向へ話が展開してしまう。話を展開してたはずがいつの間にか脱線しちゃって軌道修正もかなり面倒くさくなるレベルまで逸れちゃってる。頭の中で連想ゲームをしてるようで、新しいのが浮かべばそっちに流れてしまう。結局、最終的には何が一番の主題だったのかも傍目にはわからないくらいにごちゃ混ぜ状態。そんなんだからぼくは文章力がないと思うし、筆記界の多動症か!って思うくらいにせわしなくあっちこっちに論が飛びまくってる。ブロガーの人たちがひとつのことに何千字も同じ話のことを淡々と書き続けていられることに本当にマジですごくめっちゃとってもヤバいくらいに尊敬してる(凄さが伝わればそれでいい)。

 

記事ネタを選ぶセンスがない

こんなことを記事にしているくらいだから薄々気づいていると思うんだけど、ぼくにはブログネタを選ぶセンスがない。ブログを書くのが苦手ってだけの薄っぺらい中身をどうすれば何千字にも膨らますことができるというのか。ブログ書けないよぉ、えーん、って内容をどうやっても1万字ぐらいになるわけがない。話が脱線でもしなければね。

話が脱線してしまうのは記事っぽくするため。つまりは薄いブログネタを記事として成立させるためになんとか繋ぎの役割を果たさせようとしているんだねきっと。ぼくは文章力がないから違う話題にして自分の才能のなさをごまかしているんだろうな。

ここでぼくのフォローを多少入れるとしようか。(ぼくはダメ人間だから自分の欠点を自分で見つけてただ書いているだけでは惨めで、如何に自分がダメなのかって思うとメンタルが持たないから自分をほめてあげないと正気を保てないんだ。勘弁してくれ。)ぼくは話が脱線するといってもある程度主題とは関連しているコトを話しているはずだ。連想からの着想なんだからそれは至極当然のことなんだけど、何も関係ない話をするよりはまだ幾分かはマシだろう?その脱線が主題を引き立てる前菜のような役割を果たしてくれるんだ。主題だけを話した時と比べて、関連性のあるほかの話題を挟むことでそれがより一層面白い記事に感じるんだよね!妄想かもしれないけど)補足的な役割を果たせれば記事への理解度は上がると思うし、面白いな、また読みたいな!って思ってくれればそれでもう及第点だし、、、、、

なんか自分の欠点を言い訳作って隠しているような正当化しているような気分になってしまったよ・・・。自分への批評とフォローをうまく天秤が釣り合うようにすることすらできないようだ。本当に不器用な人間だよなあ。

でも、良く考えてみると、このブログに限らずネットを利用して公けにしているものって全部誰かに構ってほしいってわけじゃなくて、ただ自分がどう思っているのか、それを目にしてくれている人がいる(想定)だけでもう満足なんだ。誰にも言えないモヤモヤとかを形にしてそれを発信できているだけでぼくは十分なはず。ブログとしてしっかりしてなくても、ぼくがブログを開設した理由には合致しているはずだし、何も問題ないじゃないか!!!!(開き直り)

 

皆に好かれる必要はない

自分が思っていることを発信して、それに共感してくれる人がいたら嬉しい。共感してくれる人ってのはブログの記事の脱線具合なんて気にかけることはない。人って感情に左右されていて、自分の好きな人のやることなすこと全部受け入れちゃうんだけど、自分の嫌いな人のことになると一転して、ほんの些細なことですらイライラするんだよね。あら捜しをしてしまうんだ。たとえばぼくのアンチがいたとしたら、ぼくの取り上げる記事の内容、ぼくの思想、ぼくの文章の構図、何から何までくまなくケチをつけることだろう。人ってそういう仕組みになってる。多分経験あると思う。嫌いな人のしぐさまでもがうっとうしかったりするもの。

万人受けしようとか思うと、すごく息苦しいと思う。ブログを書くにせよ、人と対話するにせよ、すべての人に好かれようとすると呼吸しづらいと思う。あなたを嫌いな人の中には性格じゃなくて、容姿だったり、声だったり、努力じゃどうにもならない部分で気に食わないと思ってる人も少なからずいるだろう。そういう人たちに好かれるのってほぼ無理な気がする。断捨利じゃないけど、切り捨てるべき相手がいるとも思う。経験則だけど、自分のことを毛嫌いする人には関係性がわかった時点で自分から距離を取る方がいい。関係性を改善しようとすると、自分を傷つけてしまう恐れがあるもの。傷ついてまで仲良くしようなんて考える必要はないよあなたを愛してくれる人はほかにもたくさんいるんだから。あなたが目を向けるべきはあなたから目を背けている人ではなく、あなたを見つめている人なんだろう。

だからぼくもそうする。ぼくのことを嫌う人は見ない。逃げていると馬鹿にする人もいるかもしれない。でも、決して逃げているなんて思わない。向こうから嫌ってきたんだ。そんな奴ら相手にして疲れるよりぼくを好いてくれる人を大切にした方が何倍も賢いだろうが!!!ぼくはこのブログは共感者だけが読者になってくれればいい。いやちょっと待てよ・・・。ブログって共感者だけが読者になるのでは!?!? ならばこんな話は無駄骨だったようだ。それにしても、またもや人間関係のことへの脱線をしてしまったね。まぁ、悪い話ではないだろうし、現在人間関係に悩んでいる人たちにとっては一筋の光になるかもしれないじゃないか。いいたかったことでもあるしね(笑)

記事になるようなネタが見つからないからこんな記事を書いてしまったのだけれど、いい記事見つけたらすぐに3000文字程度書きますので、はてブ利用者の方々、更新頻度はマチマチですが是非読者登録なさってくださいな!!!!(壮大なステマ