読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名人は賢いのか

何を言うかではなく誰が言うか、なんだよなあって話。

 

 

まぁ当たり前なんだけどtwitterでRTとかお気に入りとかたくさんされているツイートって本当に面白かったりびっくりしたりするもののほかに有名人のつぶやきが多い。

有名人が少し格言や哲学的なツイートをすると、ファンの人が「感銘を受けました。」みたいなリプライを送ってるのをよく目にする。たぶんそういう人たちは自分の好きな人を、神格化とまではいかないけど別格として見ているんだと思う。同じことを言った一般人のツイートを見ても何も感じないはず。

有名人って一口に言ってもアイドルから評論家まで職種は様々。それらしさっていうか、その人に求められているものが人によって違う気がする。アイドルが哲学めいたことをずっと呟いているのはオカシイし、コメンテーターが自撮りを投稿するのも違う。芸能人が格言を毎回呟いているのは気持ちが悪い。自分に酔ってるだろコイツ・・・。ってなる。ある意味正当性がない。もっとふさわしい人がたくさんいるのに、その人は未だ埋もれたままで、元から世間に認知されている人がたいしたことを言ってないのに脚光を浴びることに正直腹が立つ。

人の心を動かすのに言葉だけではいけないのか・・・って思ってしまう。その人の人気で影響力は全く違ってくるんだもの。哀しい。安っぽい言葉で陶酔してる人たちがいることに。もっと広い目で見れば光る原石いっぱい落ちているというのに。感動してる途中で悪いけどおまえ大したことないからな!!!って言ってやりたい。っていうか、誰が言ってるかで受け取り方変わるやつにろくな奴なんていねえよ!!!そんな人たちが障碍者を差別するんだろうなあ。かかわろうともしないし、言動全てを吟味せずに否定するんだろう。って勝手に偏見を押し付けているぼくも大概なんだけど。

馬鹿だから少しの哲学で盛り上がっちゃう。馬鹿だから物事の本質を理解できなくて、たいしたことない文章に感銘受けてしまう。馬鹿だから見た目やうわべだけで判断してしまう。そういう人たちにものすごく腹が立つし反吐が出る。どうしてそんなに簡単なんだろうってさえ思う。馬鹿は世界が狭い。ぼくもそうだ。どういう立ち振る舞いが一番得なのかがわからないからいつも損をする。人に嫌われる。後戻りができない位置まで進んで自分で自分の首をしめる。馬鹿は本当に残念だなって思うよ。

馬鹿をなおすにはどうしたらいいんだろう。たくさんの文章に触れることがいいのだろうか。勉強をたくさんすればいいのだろうか。人とたくさんコミュニケーション取ればいいのだろうか。多分どれも無理。馬鹿はたくさんの文章から何も得ないし、得るとしても間違ったものを得る。勉強だって出来ずじまいだ。コミュニケーションだって取れてるつもりでも実はとれていないことが大半。何をやっても上手くいかない。一歩の踏み出しが全部変な方向向いてしまっていて、何やってもダメ。馬鹿は治らない。

わからないことが多すぎるから、互いがつながらない。わからないことにわからないことが加わるから余計わからない。わからないことの説明をしても、その説明の中にまたわからないものがある。辞書を引いても説明文がわからなくてまた辞書を引く。その繰り返しのような状態。

馬鹿じゃない人だって最初は知らなかったんだしスタートラインは一緒のはずなのになぜ馬鹿がそれらと変わらずに進歩できないのか?努力したら東大に入れるか、とかと似ているのかも。いくら努力しても理解できない壁が各々あるし、その壁は越えられるとしても越えるのに個人差があって、その時間が馬鹿とそれ以外を分けるんだと思う。

馬鹿は何に於いてで意味合いは違ってくる。勉強ができないだけなら、生きていく上で支障は少ない。コミュニケーションとか社会生活に於いて必要な技能が足りないのはダメだろ。バカッターとかの類いは勉強出来る出来ないで振り分けできないことはわかってもらえると思う。大人に近づけば近づくほど、修正できる可能性は下がる。こればかりは本来の資質だけではなく、大人に敷かれた環境にもよるだろうなあ。どっちがどれだけ大事なのかって、そんなの人それぞれだしわかんないけど、馬鹿は必ず生まれるし、こんな話をして答えが出たら解決するのかっていうとそうじゃないだろうから机上の空論に過ぎないんだけど・・・。

閑話休題。有名人であることは一つのステータスだと思う。アフィリエイトでも勝手にしてくれ。職権濫用で言葉の持つ美しさを汚さないでくれないか。言葉自体が意味を持たず、それに付随する人間と合わさって初めて意味を持つなんて馬鹿らしさ以外何もない。神格化するのは宗教だけでいいよ・・・。なんか必死に論じても、馬鹿の底なしの馬鹿さ加減に絶望するばかりだな。馬鹿は迷惑かけるから馬鹿なんだけど、人に迷惑かけないでほしいです。よろしくお願いします。(おしまい)