読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「意識高い系」が浸透していることについて

トピック「意識高い」について

 

 

 

 

もう山ほど議論されつくしたであろう、問題害悪ゴミ「意識高い系」とやらについてあえてメスを入れまくり、死体蹴りをかまし続けるプロブロガーの方が「はてな」にもたくさんいらっしゃって、それをシェアすることで意識高い系を更にボコるツイッタラーの方々がいて、未だ「意識高い系」に対する波風は止むことを知りません。意識高い系って本当に悪なのか?そんな視点から記事を執筆する方、さらに発展してむしろ善ではないのか?みたいな記事を執筆する方も見受けられました。

実際問題、「意識高い系」がどちらに属すかなんてのはどうでもよくて、このトピックについて取り上げる人自体がどこか「意識高い系」を見下しているんですよね。「意識高い系」について取り上げる自分が「意識高い系」を自分とは切り離して考えることのできる上位の存在、そんな潜在意識を感じてしまいます。同族嫌悪とはよく言ったもので、「意識高い系」の皆さんだからこそ、「意識高い系」の存在や発言が気になったり嫌になったりするものじゃないのかな、と感じます。

「意識高い系」がどういう存在かどうかなんてはっきり言って蚊帳の外であってどうでもよくないですか?あなたがわざわざ言及することに意味があるんですか?そういう主張をしなければならない精神的理由があなたには確実にあるということは「意識高い系」につながる何かをお持ちということではないでしょうか。あまりにも短絡的ですかね?最終的に議論が着地するところは似たようなところだと思います。

「意識高い系」という言葉を耳にして嘲笑うアナタも「意識高い系」だと自負するアナタも逆に「意識低い系」だなんて自負しちゃうアナタもみんな一緒!

[「意識高い系」はなぜ批判されるのか?] ではなく、[「意識高い系」を批判する人はなぜ批判されないのか?] こっちの方が気になります。誰か執筆してくれ~~!

意識高い系が批判される社会というものが意識高い系の集まりである、自明の理のような気がします。

 

本当にすごい人は謙虚?誰かに面倒をかけなければいい?能ある鷹は爪を隠す?

どうなんですかね。「意識高い系」っぽさが見え隠れしたらそれだけでその人を「意識高い系」にカテゴライズして色眼鏡かけちゃってませんか??

「意識高い系」だからムカつく。これだと思います。「意識高い系」なんて言葉があるせいでジャンル分けされた「実は意識高い系じゃない人」たちも「意識高い系」と同じ扱いを受ける。昔から「意識高い系」に近い人たちはたくさんいたと思います。しかし、現代のように広く可視化されるほどの認識はなかったように思えます。意識高い系も昔であれば個性の一つであったのに、「意識高い系」という言葉が爆誕してしまったがために、広く風評被害を被ってる気がするのです。

ぼくは意識高い系について特に興味がわかないので、「意識高い系」善悪論については論じません。「意識高い系」と分類される友達もたくさんいます。しかしながらそれらが「意識高い系」であるかどうかはどうでもよくて結局はその人のパーソナリティだと思います。「意識高い系」だろうがなんだろうが、話が合わないとか、面白くないとか総合的に見てつまらない人間とは話すことは少なくなる一方なんですし。

「意識高い系」という言葉が嫌い、といってもそのジャンル分けとしての定義が嫌いなだけで「意識高い系」について嫌悪感を抱き「意識高い系全人類」を憎んでいる人達とはわけが違います。「意識高い系」はそもそもネットスラングですネットスラングとはネットを利用する人口によって広く使われるものですから、こんなに一般的に浸透してはいけない言葉だとぼくは思います。ネットスラングって匿名性から生まれる言葉といっても過言ではありません。対面では言えないようなとげのある言葉がたくさんあります。人を傷つける言葉も少なくないです。「意識高い系」も誰かを馬鹿にしている言葉ですから、まわりまわって誰かを傷つけている言葉だと思います。それに共感する人が多い、ということはだんだんと情報社会の中でネットスラング的な思想の人が増えてきているということの表れなのかもしれません。ぼくははっきり言ってそっちの方がとても怖いです。ドラマのテーマにもなってるんですよ?やばくないですか?「意識高い系」について実名のSNSなどで広くシェアされる、つまりはシェアする人がいるということが世も末になってきたなと実感させられます。

どこかでキラキラネームもといDQNネームを馬鹿にしている反面、アナタもその世界に片足突っ込んでいるということに無自覚な人々。多数派によって次々と書き換えられていく一般常識、あなたが気付かないうちにあなたが嘲笑していた側にあなたが属している可能性を考えなければならないのです。

「意識高い系」にイライラしてるのを公言したり垂れ流したりするのって、なんでこんなにも許されているのか?「意識高い系」というくくりで、個人を特定していないから許されるのか。きっと怒りを吐露している人の中では「意識高い系」といいつつも個人が特定されていると思うんですけど・・・。それって「障碍者マジキモイ」というのと本質は変わっていないような気がするんですけど、気のせいですかね?そういう点ですでにもう感覚軽く麻痺していると思います。怖いよ、この社会!!助けて、ママ~!!

 いやはや、ぼくがこの手の議論に対して個人がどう思うだ感じるだ などはマジで興味ないんですけど、それを我が物顔で論じている人々には恐怖を感じるし、お前も仲間だからな、、、とおもtt・・・・

ハッ!!!

ぼくも「意識高い系」について論じてる人たちを馬鹿にしてしまってる!!!!!悔い改めなければいけない、滝に打たれて身を清めてきます。(おしまい)