読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえがき

ブログを開設した話。

 

 

ブログを開設しました。購読者が増えればいいなあなんて思いながら日々思ったことや悩んでいることを綴っていきたいなあって思ってます。文体はその時それぞれのモノ使うと思うけどよろしくどうぞ。

 

ブログの開設記念記事なので、話がゴチャゴチャしないように、このブログを始めようかと思ったきっかけについて触れることにする。

ブログとの出会い

3年くらい前から日記感覚でブログをLivedoorで書いてたんだけど、あまりにも周囲の反応がなさすぎてなんだかインターネットでありながらインターネットでないような感覚で、わざわざ公共の電波に乗せる必要があるのだろうかって疑問が生まれるくらいには音沙汰がなかったブログだった。毎日何かしらブログネタを見つけて自分なりのテンションの上げ方で記事を盛り上げようとやっていたけど、読者がいないんだから盛り上がるわけもないし、読者がいないことで冷めている、スベってる自分の他愛もない記事を見てひとり悲しみに明け暮れていた。どれもブログネタというにはあまりにも材料不足で小学校低学年の事後録淡々記録みたいになっていて、恥ずかしい限りで暗黒時代に認定してあげたいくらいに内容がないし、面白くない。目的が全くないブログで誰が何を得してみるのだろうって質問を自分に投げかければ、誰も得しないし面白くないから購読する価値もないただの駄日記でしかないだろって冷静に分析できるくらいには大人になれた気もする。

はてなブロガーのきっかけ

ハテナブログを選んだのはブログを読んでいて面白かったと思える人にまつたけ(@denpanohikari)さんがいて、ユーモアセンスが長文を読んでいても苦にさせないスタイルに感銘を受けたのと、周囲のユーザーが反応しやすいスタイルになっていることがぼくグッドデザイン賞を受賞させたことに由来する。まつたけさんはツイートも考えさせられるんだけど、ブログはそれと同等あるいはそれ以上のものがある。長文でツイートじゃ伝えきれなかったことを伝えようとしているようにも取れるし、そのうえしっかりと伝えられているところがクールで素晴らしい。自虐の受け入れやすさとかも心地いいしブロガーとして尊敬している人の一人でもある。ただ、まつたけさんも普通の境遇で育っていないってのが記事を面白くしてるってのもあるからなんともいえないんだけど...。って言っても普通の境遇ってなんだよ!!!!ってなるし、みんな違ってみんないい、なんてどっかのババアがのたまっていたけど、その通りだと思うしぼくにもまた普通ではない他人にはない境遇ってものが存在していてそれがたまたま目につかないようになってるんだろう。

結局はフォロワーが欲しい

とにかくぼくは考え事について書きなぐっていきたい。そしてそれをみんなに反応してもらいたいし、最終的にはそれがtwitterでのフォロワーなんかにもつながっていけばいいと思ったりもする現実主義の未熟者だから、誰かの評価が欲しくてたまらんの助だから、はてなユーザーの人は是非共有とかコメントとかしてもらいたい。

 

twitterのアカウントは真面目なツイートばかりしてるやつは@Unthersで活動してますので是非フォローください。